当院について

医院紹介

院内風景

下の小さな画像にマウスをのせてください。画像が切り替わります。

設備

レントゲン

レントゲン

肺・心臓・骨の状態を確認するために使います。
デジタルなので、撮り直しがほとんどなくペットに負担をかけません。

眼圧計(トノペン)

眼圧計(ノトペン)

白眼が赤い時はこの機械の登場です。
急いで眼圧をコントロールしないと失明してしまう場合があります。

シーラー

シーラー

この機械を使うと血管を糸で縛ることなく止血できます。
安全にスピーディーに止血を行えるうえ、生体にとって異物である糸を使うことなく手術が出来るようになりました。

血球計算機

血球計算機

赤血球・白血球・血小板の数を自動でカウントしてくれます。
貧血などの異常が瞬時にわかります。

生化学検査機

生化学検査機

手術前の肝臓・腎臓などの内蔵の状態を確認します。
また、高齢になってくるとペット達も内臓が弱ってきてしまう事があります。 1年に1回検査してあげるのが理想です。

生体モニター

生体モニター

手術の時に必須です。
心拍数・酸素飽和度など麻酔をかける際に必要な情報を リアルタイムに教えてくれる優れものです。

超音波スケーラー

超音波スケーラー

歯石除去に必要な機械です。
この機械で分厚い歯石をバリバリ剥がしていきます。
全身麻酔ならではの確実な歯石除去をお勧めします。

超音波診断装置(エコー)

超音波診断装置(エコー)

診察になくてはならない機械です。
お腹の中の異常、心臓の異常もこのエコーで 正確な診断が出来ます。

内視鏡

内視鏡

食べ物じゃない物を飲み込んでしまった時 はその異物を取るために、また下痢や嘔吐が止まらない時に は腸の一部を取ってきて病理検査に出して診断をします。

麻酔機−人工呼吸器

麻酔機−人工呼吸器

当院は生体内にほとんど残留しない 麻酔薬を使用して安全な麻酔を心がけております。

歯科用レントゲン

歯科用レントゲン

このレントゲン装置を使うと歯の根っこ(歯根)が見えます。
それにより抜歯が適応かどうかの判断が容易になりました。

歯科用ユニット

歯科用ユニット

歯科処置に必要な機材が一体化した上に、全体的にパワーアップしております。 歯科用レントゲンと組み合わせると、歯科処置がスムーズにそして正確に行えます。

電気メス

電気メス

簡単な止血、切開はこの機械にお任せです。
毛細血管の止血・切開に優れ手術時間の短縮に
役立ってくれております。

ICU(酸素室)

歯科用ユニット

呼吸が苦しい子もこの中では酸素がたっぷりなので、楽に呼吸ができます。 スタッフの目の届く場所に設置しておりますので、細かな状態の変化もすぐに気づけます。