こんなときどうする?

こんなときどうする?

緊急時の対処法など、こんなときはどうしたらいいの?という事例をいくつか挙げてみました。

たまねぎを大量にたべてしまった!

タマネギ中毒になり、貧血を起こしてしまう場合があります。
このタマネギ中毒、熱を加えたタマネギを食べても起きてしまうので、カレー等に入っているタマネギでも可能性があります。
早めに獣医さんに連絡を取って対処してあげましょう。
他にもチョコレート、ブドウも中毒を起こします。

突然発作が起きた!!

慌ててしまいますが、まず飼主さんが落ち着きましょう。
動物に意識があるかないかを確認して、意識がないようなら咬まれてしまう可能性があるので、抱きかかえるなどはせずに見守りながら獣医さんに連絡をしましょう。
この時もし可能なら発作の動画(近距離・遠距離・眼の様子など)を撮って頂けると、診察に連れてきて頂いた時に診断の助けになる場合があります。

オシッコに血が混ざっている。

避妊をしていない女の子だと子宮に膿が溜まっている可能性があります。
最近何となく元気がない等思い当たる節があったら、早めに受診しましょう。
男の子や避妊をしている女の子の場合、膀胱炎の可能性があります。
キレイに洗った発砲トレー等で尿を取り、オシッコを持って行きましょう。

オシッコが2日間出ていない。

緊急事態と判断していいでしょう。
尿が出ないと尿毒症と言って、毒素が全身を回り死んでしまう可能性があります。
1日でも出なかったら獣医さんに連絡を取って対処してもらった方が良いでしょう。

爪を切っていたら深爪して出血が止まらない。

お線香の灰を深爪した所に付けてしばらく圧迫しましょう。
それでも止まらない時はお線香の赤く燃えている所(炎を消した状態)を出血点に2秒ほど当てて下さい。 その後は獣医さんの診察を受けて下さい。

眼がシパシパして開かない。

白眼の部分が真っ赤になっていると早めに対処しないと失明の可能性があります。
ペットも眼を気にして掻いたり、擦ったりしがちです。
なるべくそのような行動をさせない様にして早めに受診しましょう。